【(*`ω´*)】NHK職員が受信料58万円着服!!懲戒免職!!


NHKは21日、受信料約58万円を着服したとして、名古屋放送局中央営業センター所属の男性職員(37)を懲戒免職とすることを決めたと発表した。

職員は全額を弁済し、「親族の病気の治療で借金があった」と話しているという。


このニュースを受けて、インターネット上には、

「それでも払わないといけない?正直ばかばかしい。」

「受信料を払う気がしなくなる話。実際、何に使われてるんでしょうね?」

「親族の病気の治療で借金があった…、たぶん違う理由だと思う。」

「時代にそぐわない受信料制度 スクランブル化が合理的」

「だからスクランブル放送にして支払いを銀行の自動振替にしたら、このような不祥事も無くなって、かなりの人件費削減にもなり、


経営の効率化を図ることできるだろ」

「受信料はゼッタイ払わない。」

「もっとある、他にもいるって思ってしまう」

「なぜ、最高裁判決まででて注目されるニュースとひもづく書き方なのに、実名報道じゃないの?」

「着服ができる環境を放置していたNHKの体質が問題です。氷山の一角でしょうけどね!一方では未納で裁判までなっているケースもある。かなり深刻な状態です。受信料を払いたくない人は視聴できないようスクランブルをかけ、受信料収入が減るとNHKも考えるでしょう。子会社や関連会社を多数作り莫大な予算で運営していることと受信料徴収との問題は国会でキチンと検討してほしいです。」

「論外。」

など、多くのコメントが書き込まれている。