【速報】 未婚の高齢者急増!! 2040年、単身世帯4割にwwwwwwwwwwwwww

2040年に単身世帯が1994万人に上り、一般世帯全体の4割近くを占める見通しであることが12日、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所がまとめた世帯数の全国推計で分かった。

一度も結婚したことのない65歳以上が男女ともに急増し、単身世帯に占める65歳以上は896万人で45%に達する見込み。


このニュースを受けて、インターネット上には、

「日本はいろいろなことを先送りにして、実害がでだしたら、一気に騒ぐ傾向がありますよね。「未婚の高齢者」…増えて当然ですね。」

「二十年前から分かってた 医療費問題とか年金支給額とか今より悪くなってそう」

「一括りに未婚の高齢者と言っても、現役時代正社員で金のある人と、そうでない人とでは、事情が全然違うだろう。」

「そりゃ未来に希望もてなきゃ子供も生めない。少子化問題を30年放置した自民党の罪は重い。」

「現役・子育て世代を今まで放置して、高齢者や海外にせっせと税金注ぎ込んだ結果ですね。・・・政治屋は


不倫や己の利益など考えず本気で国民の事を考えてほしいものだ、非常に残念でならない。」

「なにを今更感半端ない。当たり前。」

「厚労省が一番悪い。労働問題、健康問題、年金問題」

「少子高齢化が進んでいると言いながら、給料は差ほど増えず所得税は高いまま、消費税も増税されたら自分1人生活がやっと」

「日本人は事態がかなり深刻にならないと、思い切った行動ができない 後から挽回できることならまだいいが、人口問題はもう取り返しがつかない」

など、多くのコメントが書き込まれている。